• このエントリーをはてなブックマークに追加

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2 サンプル問題

例題解説とその内容については、例題提供者の監修です。内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI事務局ではお応えできませんのでご了承ください。
例題解説のご提供者さまを募集中です。LPI-Japan事務局までぜひご投稿ください。選ばれた方の例題解説は本サイトに掲載させていただきます。

2.10 Geolocation API に関する問題

例題10.2「2.10 Geolocation API」
レベル2の出題範囲「2.10 Geolocation API」からの出題です。
Geolocation APIにおいて、現在位置取得成功時のコールバックおよび、エラー時のコールバックを指定できるメソッドを2つ選択してください。
  • getCurrentPosition
  • watchPosition
  • clearWatch
  • altitudeAccuracy

※この例題は実際のHTML5プロフェッショナル認定試験とは異なります。

答えはこちら

例題10.1「2.10 Geolocation API」
レベル2の出題範囲「2.10 Geolocation API」からの出題です。
Geolocation APIを用いて必ず取得できる、緯度と経度以外の位置情報はどれか一つ選択しなさい。
  • 高度
  • 誤差
  • 方角
  • 速度

※この例題は実際のHTML5プロフェッショナル認定試験とは異なります。

答えはこちら

このページの先頭へ