• このエントリーをはてなブックマークに追加

合格者の声

HTML5はWebでなにかを実現したいと思っている人ならば、ぜひ学ぶべき!

株式会社シーエー・モバイル ソーシャルメディアDiv
深見 将一 さん (HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 認定者)

01|入社後、自ら希望してWebエンジニアへ

当社は、「インターネット広告事業」を筆頭に、EXILEなどアーティストのコンテンツを制作する「コンテンツメディア事業」、ソーシャルゲームを制作する「ソーシャルゲーム事業」の3つを主な事業としています。

2013年に入社した当初、僕は主に企画を行うプロデューサー職として配属が決まっていたのですが、どうせやるならとエンジニア職がやりたいと人事部に申し入れたところ、幸いなことに「ソーシャルメディアDiv.」に受け入れてもらえました。さらにその後、すぐに新しいソーシャルゲームのプロジェクトを任されることになり、以降、現在に至るまで、フロントエンジニアとしてゲームのアニメーションやレイアウト、UIなどの制作を担当しています。

もともとエンジニア志望でしたが、大学では土木工学が専攻でしたからWebの経験はほとんどなかったため、本格的にHTMLやJavaScriptを学んだのは会社に入ってからでした。ふつう、何の経験もなしにいきなりエンジニアにはなれないものです。しかも、入りたての新人が、プロジェクトの企画からリリースまでを通しで担当することなど、さらにありえません。そういう意味で僕はとても「運がよかった」のだと思います。

2013年の5月からスタートしたこのプロジェクトで、僕はソーシャルゲーム制作の全工程を体験することができました。入社1年目の社員がめったにできない貴重な体験だったと思っています。僕にとって未体験のことばかりでしたが、それがとても刺激的で仕事が楽しくてしかたありませんでした。

02|スランプはある日突然やってきた!

ところが、担当していたゲームのリリースが見えてきて、プロジェクトが一段落ついた昨年の12月、そんな風に「運がよかった」僕に大事件が起きました。燃え尽きてしまった感じというか、自分の中で次の目標が見つからなくなってしまったのです。これまでがむしゃらに全速力で回っていた歯車が、突然止まってしまったように、僕の心はしんと静まってしまいました。

プロジェクトを任されてはいますが、僕はまだ入社1年目の新人です。経験もスキルもまだまだ足りません。突然やってきたスランプに僕は困り果てました。そこで週1回の面談で仕事の進め方やスキルアップについて相談に乗ってくれていた担当のトレーナーに、さっそくそのことを相談したところ、「自分のスキルを高めるためにも、この機会に前から勧めていた認定試験に挑戦してみたらどう?」とアドバイスをいただきました。トレーナーからは、これまでもLPICの認定取得を勧められていたのですが、僕は今の業務にLPICが直結しないことを理由に、受験を延ばし延ばしにしていたんです。しかし、山に登れば見たことのない風景が見えてくるかもしません。

そこで、あらためてLPICの試験を調べたところ、なんと2014年の1月から『HTML5プロフェッショナル認定試験 Level1』がスタートするではありませんか。これはもう受けるしかない!と思いました。しかも、まだ誰も持っていない手付かずの資格です。俄然、やる気が出ましたね。どうせ取るなら最初の合格者になってやろうと思い、準備を始めました。

このページの先頭へ