• このエントリーをはてなブックマークに追加

合格者の声

HTML5レベル2は、Webクリエイターとして自己実現したい人は取得するべき!

Taskey株式会社 Frontend Vice President
深見 将一 さん (HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 認定者)

01|スマホ小説の多言語化を牽引する「taskey」の創業メンバーとしてフロントエンドを統括

Taskey株式会社は、2014年に創業したスタートアップ企業です。当社では「スマートフォン小説」のプラットフォームとして、小説やイラストを投稿できるSNS「taskey」を提供しています。

スマートフォン小説というとあまり耳にしたことがないかもしれませんが、携帯小説のパワーアップ版と思っていただいて問題ありません。携帯小説はガラケー(ガラパゴス携帯)と呼ばれる携帯が小説を読む媒体でしたが、スマートフォン小説の場合は、日頃から使っているiphoneやAndroid携帯がそれにあたります。

小説を読む媒体が変わっただけではなく、スマートフォン小説の場合、文字に加えて画像や動画、音声などを作品に付与することができ、携帯小説より豊かな表現を作品に埋め込むことができます。

また、既存の小説投稿サイトにはないtaskeyの大きな特徴は、「言語の壁を越えた共創」にあります。小説やイラストを投稿したり、投稿された作品を読んだり、コメントをしたりといういわゆる小説投稿サイト的な機能に加えて、taskeyではさらに「Storytelling without borders – 物語を描く才能は世界共通 –」を標榜して多言語化し、世界展開しています。

具体的には、サイトで使用されている言葉をユーザーがアクセスする地域に合わせて多言語化したり、日本語以外の作品も同じプラットフォーム上に投稿することができます。また、ユーザーがお気に入りの作品を翻訳して同プラットフォーム上に公開することができます。さらにその翻訳された小説をネイティブなユーザーが、微妙なニュアンスを修正したりといったブラッシュアップをすることも可能です。いわば、ウィキペディアのように、翻訳したいと思った世界中のユーザーが参加して、1つの作品の多言語化し、世界中に発信していくイメージです。現在、サイトの対応言語は日本語、英語、繁体中国語、簡体中国語の4言語で、サイト内で人気上位の小説を中心に翻訳されています。

02|劇的に速いスピードで多言語化するtaskey

現在、taskeyではユーザーから投稿された約1万作品の小説が掲載されています。その半数は日本以外の言語圏のユーザーからの投稿です。また、taskeyでは小説だけではなく、プロの漫画家様のコミックもtaskey内で翻訳できる仕組みを作成し、ユーザー様の力をお借りして翻訳しています。

世界展開されて多くの国で読まれている小説、マンガは存在します。それらはプロの翻訳者の方の手で翻訳され世界中で読まれているのです。しかしtaskeyでは、作品のファンとなったユーザーがウィキペディア的に翻訳することによって、従来の方法よりも劇的に速いスピードで多言語化することができます。

実際に作品のファンだからといって翻訳する人がいるのだろうかと疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、僕らが考えている以上に海外のファンの方の情熱はすごいものがあります。例えば某人気漫画の場合、連載されている週刊誌が発売された瞬間に海外のファンの読者によって翻訳され、海外のサイトで無料公開されています。しかも、彼らの情熱が利益のためではなく、他の人の読んでもらいたいとうい気持ちが原動力になって翻訳されているのも大きな特徴です。

将来的には翻訳された方にインセンティブを払えるような環境を作りたいというのも1つの目標です。自分のお気に入りの作品を多言語翻訳するユーザーの熱意に我々のプラットフォームを提供することで、化学反応のように新しいビジネスを創生させること。それが、まさにtaskeyの目指すところなのです。

今後は、既存の出版業界と協働し、ユーザーによって多言語化された作品を電子書籍や紙の書籍として、最速で出版できるようなビジネスモデルを確立したいと考えています。

このページの先頭へ