• このエントリーをはてなブックマークに追加

LPI-Japan、2014年9月24日に『HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2』を配信

Press Release
報道関係各位

2014年8月25日

 ITプロフェッショナル認定機関として「LPIC」「OSS-DB技術者認定試験」「HTML5プロフェッショナル認定試験」を実施する特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(以下:LPI-Japan、東京都港区、理事長 成井 弦、www.lpi.or.jp)は、2014年9月24日(水)より『HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2』(以下、「HTML5レベル2」)の配信を実施、本日(2014年8月25日)より受験予約を開始することを発表いたしました。

2014年1月にリリースしました「HTML5レベル1」は、HTML5の技術やメリットを活かした静的コンテンツを構築する実力を認定するための試験です。そのため、出題範囲はHTML5の要素やCSSを中心に設計されています。
 今回リリースとなる「HTML5レベル2」は、HTML5を活用した動的なWebアプリケーションを設計・作成する実力を認定することを目的に設計されています。具体的には、マルチデバイスに対応する業務アプリケーションの作成、マルチメディアコンテンツを活用したWebページやゲーム、スマートフォン向けのWebアプリケーションなどを作成するために必要となるスキルやノウハウ、留意点などを中心に、プロジェクトの現場で必要な能力や実装技術を問う内容となります。

 なお、今回の「HTML5レベル2」のリリースに先立ち、LPI-Japanでは2014年7月に開発の現場で活躍されている多くのHTML5プロフェッショナルの方々のご協力のもと「ベータ試験(※1)」を実施いたしました。そこで得られた解答結果や試験内容に関するご意見は、LPI-Japan試験開発ワーキンググループにより分析され、実際の現場で求められる実践的なスキルを問う内容になるよう本試験に反映されています。

詳細の出題範囲、出題傾向はLPI-Japan公式ホームページにて公開しています。
http://html5exam.jp/outline/objectives_lv2.html

本試験のリリースに先立ち、LPI-Japanでは、2014年9月10日(水)と17日(水)に、企業の人事部門、採用部門、人材育成部門、キャリア開発部門のご担当者様を対象に、人材育成プログラムへの導入メリットや活用方法についての説明会を実施いたします。
https://www.lpi.or.jp/html5exam/seminar20140917/

LPI-Japanは、『HTML5プロフェッショナル認定制度』の実施、および本試験の配信、教育活動支援により、Webアプリケーション制作者の技術力の向上のみならず、WebデザイナーやWeb技術者にとっての新たなキャリアパスが創出されることを支援いたします。さらに、それらの活動を通じ日本のITビジネスの推進とWebプロフェショナルの育成に貢献いたします。

試験概要

 本認定プログラムは、HTML5を活用した動的なWebアプリケーションを設計・作成する実力を認定するプログラムです。マルチデバイスに対応する業務アプリケーション、マルチメディアコンテンツを活用したWebページやゲーム、スマートフォン向けのWebアプリケーションなどの、動的なコンテンツを作成するために必要なスキルを問うものとなります。具体的には、ブラウザで動的なコンテンツを作成する上で必須となる、JavaScript言語や、HTML5で利用できる主要なJavaScriptAPIなどの知識とスキルが主に問われます。

■試験名
日本語:HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2
英語:HTML5 Professional Certification Level.2
■認定名
日本語:HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル2 (Application Development Professional)
英語:HTML5 Professional Certification Level.2 (Application Development Professional)
■受験料(案)
15,000円(税別)
■受験方法
CBT(コンピュータベーストテスティング)(※2)
PBT(ペーパー試験)
■出題範囲( http://html5exam.jp/outline/objectives_lv2.html
- JavaScript
- WebブラウザにおけるJavaScript API
- グラフィックス
- マルチメディア
- オフラインアプリケーションAPI
- Session History and Navigation
- 表示制御
- ストレージ
- 通信
- Geolocation API
- Web Workers
- パフォーマンス
■試験開発意見交換用オープンコミュニティwikiサイト : http://wiki.html5-exam.com/

(※1)『HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル2 ベータ試験』について
http://html5exam.jp/news/event/20140425-page351.html

(※2)CBTは『ピアソンVUEテストセンター』で実施します。
http://html5exam.jp/register/

試験の詳細はWebをご参照ください。
・レベル2試験概要: http://html5exam.jp/outline/lv2.html
・レベル2試験出題範囲: http://html5exam.jp/outline/objectives_lv2.html

本リリースのお問い合わせ先

LPI-Japan 事務局 担当:井戸田
TEL :03-3568-4482、FAX: 03-3568-4483 / E-mail:press@lpi.or.jp

LPI-Japan HTML5アカデミック認定校名(加入順)
http://html5exam.jp/measures/learning.html

LPI-Japan について

LPI-Japanは、日本での OSS/Linuxの技術力認定試験の普及とITプロフェッショナルの育成のため、2000年7月に設立されたNPO法人です。
LPI-Japanは、Linux技術者の技術力の認定制度「LPIC」などのIT技術者の技術力の認定制度を中立公正な立場で公平かつ厳正に運営することを通じて、日本におけるITプロフェッショナルの育成、さらにはOSS/Linuxビジネスの促進に寄与する活動を展開しています。

LPI-Japan の概要(http://www.lpi.or.jp/
  • ・法人名:特定非営利活動法人 エルピーアイジャパン
  • ・所在地:〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-9 CR神谷町ビル7F
  • ・連絡先 TEL:03-3568-4482、FAX:03-3568-4483、e-mail:info@lpi.or.jp
  • ・設立:2000年(平成12年)7月28日
  • ・業務内容:OSS/Linux の普及・推進、ITプロフェッショナル認定試験の実施と認定
  • ・役員
    • 理事長:成井 弦
    • 理事:鈴木 敦夫、高橋 千恵子、鈴木 友峰、橋本 尚、福地 正夫、中野 正彦、池田 秀一、丸茂 晴晃
    • 監事:寺本 振透

<登録商標>
Linux Professional Institute Japan及びLPI-Japan は、特定非営利活動法人エルピーアイジャパンの登録商標です。Linux はLinus Torvalds の登録商標です。文中に記載されているその他すべての商標は、それぞれの所有者に所有権が属しています。
HTML5 Logoは、 Creative Commons Attribution 3.0 Unportedライセンス条件の下で、W3Cにより、ライセンスされています。(http://creativecommons.org/liceses/by/3.0/)

このページの先頭へ