• このエントリーをはてなブックマークに追加

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2 サンプル問題

例題解説とその内容については、例題提供者の監修です。内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI事務局ではお応えできませんのでご了承ください。
例題解説のご提供者さまを募集中です。LPI-Japan事務局までぜひご投稿ください。選ばれた方の例題解説は本サイトに掲載させていただきます。

2.7 デバイスアクセス

例題7.2「2.7.1 Geolocation API」
レベル2の出題範囲「2.7.1 Geolocation API」からの出題です。
Geolocation APIにおいて、現在位置取得成功時のコールバックおよび、エラー時のコールバックを指定できるメソッドを2つ選択してください。
  • getCurrentPosition
  • watchPosition
  • clearWatch
  • altitudeAccuracy

※この例題は実際のHTML5プロフェッショナル認定試験とは異なります。

答えはこちら

答え A, B
Geolocation APIでは、現在位置を取得するためにメソッドを呼びだしますが、取得まで若干の時間が掛ります。
取得できるまで待っているとWebブラウザの処理を止めてしまうため、現在位置を取得後に呼び出してもらう関数を登録します(コールバック)。
getCurrentPositionは一度だけ現在位置を取得するメソッドです。
watchPositionは現在位置を定期的に取得します。
iOS上のMobileSafariでGeolocation APIを使用する場合は、「設定」の「プライバシー」から「位置情報サービス」をONにし、かつ「Safariのサイト」で「このAppの使用中のみ許可」にする必要があります(iOS 8.3で確認)。
Androidでも「設定」の「位置情報アクセス」から「位置情報のアクセス」でアクセスを許可する必要があります(Android 4.2.2で確認)。
OSの許可設定以外にもブラウザ上での許可が必要になるなど、位置情報の取得をするためにはユーザから複数の許可を得る必要があります。
実際のサービスなどで使用する場合には、位置情報の取得が許可されないケースも考えてシステムを構築する必要があります。
その他の選択肢については、
C. clearWatchはwatchPositionによる定期取得を停止させます。setTimeIntervalとclearIntervalの関係に似ています。
D. altitudeAccuracyは高度の誤差を表わすプロパティです。

出題範囲の詳細

例題解説の提供:HTML5アカデミック認定校 株式会社クリーク・アンド・リバー社
HTML5レベル2認定者 高井 歩 氏

例題7.1「2.7.1 Geolocation API」
レベル2の出題範囲「2.7.1 Geolocation API」からの出題です。
Geolocation APIを用いて必ず取得できる、緯度と経度以外の位置情報はどれか一つ選択しなさい。
  • 高度
  • 誤差
  • 方角
  • 速度

※この例題は実際のHTML5プロフェッショナル認定試験とは異なります。

答えはこちら

答え B

Geolocation APIを用いて取得できる位置情報は、下記の通りです。
latitude 緯度
longitude 経度
altitude 高度(meters)
accuracy 緯度経度の誤差(meters)
altitudeAccuracy 高度の誤差(meters)
heading 方角(真北からの角度:0<=, <360)
speed 水平方向の速度(meters / sec)

このうち、緯度(latitude)と経度(longitude)、誤差(accuracy)は、必ず提供されるとされています。その他の情報は実装によるとされています。

出題範囲の詳細

例題解説の提供:
LPI-Japanプラチナスポンサー NECソリューションイノベータ株式会社
武藤 周 氏

このページの先頭へ