• このエントリーをはてなブックマークに追加

合格者の声

HTML5はこれからのスマートフォン・タブレット時代の最強の武器です

HTML5アカデミック認定校 東京アプリ・ワークショップ 主催
中島 俊治 さん (HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 認定者)

01|国家資格試験の試験官からインターネットの世界へ

私は岡山県生まれで、社会人になってから97年までは、広島の郵政省の外郭団体で無線の国家資格試験の試験官として勤務していました。

試験官の仕事は安定していましたが、これからは「インターネット」が中心となって時代を動かすという確信があって、意を決して上京しソフトバンクに就職。設立されたばかりのGeocities JAPANに1号社員として配属されました。GeoCities JAPANは無料のウェブサイトスペースを提供する仮想コミュニティサービスです。

私は、Webページの製作から新しいサービスの立ち上げ、違反コンテンツの削除、ユーザーのホームページ作成のサポートを行いました。

大学時代に友だちからもらったパソコンで、趣味でベーシックプログラムを組んだり、個人的なWebサイト制作やシステム制作を行っていたので、ある程度Web制作は理解していましたが、所詮我流でした。

Geocities JAPANでの経験は、私がHTMLに係るきっかけであったと同時に、本格的な商用Webサイトの制作スキルを鍛えてくれました。

02|めざしてきたのは「Webサイトを使って自分が何を表現していくか」

その後、Geocities JAPANは、Yahoo!JAPANの一部となり、組織が大きくなっていくと同時に人数も増えそれぞれの専門職へと細分化して行き、少々窮屈に感じ始めました。

そこで、もっといろいろな場所で幅広い経験を積みたいと思い、2005年、株式会社ベクターに転職、とてもアグレッシブな社長とメンバーに囲まれ、貴重な経験をさせてもらいました。

さらに見聞を広めるため、SBIホールディングスで児童福祉関連の活動に参加した後、野村グループのジョインベスト証券に転職、部長に就任しました。

2006年当時は金融業界では積極的なインターネットの活用が行われ、特にネット証券各社は熾烈を極めていました。そこでの私の仕事は、顧客のためのインターネットを通してのコミュニティ作りがテーマでした。

私は、上京後、業種は違っても、転職や業種が変わっても「人と人とを結ぶWebサービス」を作り続け、インターネットやWebサイトを使って、自分が何を表現していくか、仕事にしていくか、目指していくかということを考え続けてきたと思っています。

このページの先頭へ