• このエントリーをはてなブックマークに追加

合格者の声

独学のフリープログラマー、資格対策の勉強から得たこと

HTML5アカデミック認定校 株式会社クリーク・アンド・リバー社
高井 歩 さん(HTML5レベル2 / LPICレベル2認定者)

01|独学のフリープログラマー、資格対策の勉強から得たこと

私がフリーのプログラマーになって今年で5年が経ちました。フリーになる前はコンピューター系の人材派遣会社の社員として9年間働きました。そこでは、お客様先に派遣されてネットワーク管理、サーバー管理に携わっていまました。途中から開発系業務にも従事するようになり、親会社の研究部門で研究開発のお手伝いもしていました。
現在では、フリーランスとして、主にWebサービスや通販サイトの裏側の仕組みをPHPで作ったり、HTML関係のコーディングなどを手がけています。また、LPI-Japan HTML5アカデミック認定校のクリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)で講師としても働いています。

昨年、講師の仕事の幅を広げようと思い、LPIC受験を決意しました。元々、ネットワークやサーバー管理の業務に携わっていたということと、Linuxは今最もニーズが高い技術であると思ったので、LPICを選択し、レベル1・レベル2を同時に取得しました。LPIC受験の学習では試験範囲を一通り実機に触れながら勉強しました。普段の業務や今まで勉強していたものとは違う広い範囲からの出題でしたので、実機を触りながらの基礎的な事が、自分にとって非常に勉強になりました。

今回、LPICを勉強してみて気がついたことは、試験対策は実際の業務と関連性が高く、試験対策で勉強していていたことが、今までのやり方や業務をもっと幅広くカバーしてくれるという発見がありました。
もしかしたら、試験後のほうが試験前よりも勉強したかもしれません(笑)。試験勉強をきっちりして受けたつもりでも、「あれ、わからないぞ」という部分が出題されたりしたからです。それで勉強しなおしたんです。意外に覚えたつもりでいたことも覚えてないし、いざ聞かれてみるとわからないものだな、と実感しました。とにかく、自分が解けなかったところをとことん勉強し直しましたね。

もともと私は、コンピューター技術をすべて独学で勉強してきました。専門学校にも通ったことはなく、高卒でコンピューター業界に入ったんです。その後、やっぱり勉強し直したいと思って通信制大学でコンピューターを専門に勉強して卒業しました。
ですから、教わったといえば教わったけれど、学校には通わずにテキストを見てレポートを書いて、といった具合でした。業界でよくある、師匠筋から教わった経験もないので、自分に今まで欠けていたものを埋めるといった意味でもLPIC受験は大事な経験でした。

資格を取ってみて、自分が変わったことと言えば、知らなかったコマンドを実際に仕事で、使えるようになったことですね。講師の仕事に関しても「Webサーバーとは何ぞや」という話を、解らない人に伝えるときに、勉強したことを噛み砕いて説明するということができるようにもなりました。

02|HTML5への挑戦、教材がなければ自分で作る!

LPICの次に、HTML5レベル1を2014年の7月に受けました。受験したきっかけはC&R社からの薦めもありましたし、C&R社主催のHTML5レベル1対応の資格対策セミナーにも誘われたこともありました。セミナー終了後直ぐに、筆記試験を受けて一発で合格しました。
しばらくして、HTML5レベル2がリリースされる前ですが、ベータ試験を受験できるという情報を入手しました。HTML5レベル2では、JavaScriptの内容が含まれるとのことだったので、プログラマー講師としては、HTML5を教える上でその範囲は熟知しておく必要があるし、自身のスキルも計りたいと思い、受験しました。

レベル1の受験については、これ一冊勉強すれば試験範囲を網羅した学習ができる(レベル1対応認定教材)、という教材があったのですが、レベル2を受験するに当たっては、当時はまだ教材も出揃っていない状態でした。(注:現在は(レベル2対応認定教材があります。)ですから、まずレベル2の全出題範囲を、アウトラインエディターで項目を分けていきました。重なっているところを全部整理して、まずは各要項を知っているか、知っていないかで分け、次に説明できるかできないかをチェックして、説明できなければそこを集中的に勉強していくという方法で勉強しました。

他にも、サンプルのHTMLを作って1枚で表示できるようにしてみたりもしましたね。たまたま私はプログラマーだったので、JavaScriptを得意としていたからよかったのですが、それでも難しかったです。「仕事ではこれやったことないけど、どうだったかなぁ?」というのもあり結構悩みました。HTML5 レベル2の受験後も、LPIC受験後と同様に、試験で解らなかったことは全部家に帰って復習しました。

このページの先頭へ