• このエントリーをはてなブックマークに追加

合格者の声

あらゆるモノがインターネットにつながる世界 Web of Thingsを実現するのがHTML5です

株式会社KDDI研究所開発センター メディア開発グループ
清水 智行 さん (HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 認定者)

01|タグだけで過去の基礎技術がそのまま使えるデバイスを越えた共通言語

++++++++++++++++++
株式会社KDDI研究所 開発センター メディア開発グループ 清水 智行さん
++++++++++++++++++

現在、私がKDDI研究所で担当しているのは、新しいアプリケーションに関する技術の全般的な調査や開発です。研究所に所属したのが2002年ですから、今年で13年目になります。現在、「メディア開発グループ」と兼務でグループリーダーの酒澤さん率いる「スマートホーム・ロボット応用グループ」に所属しています。

もともと私は、画像データの圧縮技術の分野で、動画像の伝送技術やコンテンツのダウンロード、リアルタイムのビデオ会議システムなどの研究開発をおこなっていました。そのうちに、それを使う側のアプリケーション開発にも興味が向き始め、さらにHTML5に興味を持ち始めたのは、HTML5が「Videoタグ」や「Audioタグ」に対応し始めて、マルチメディアをフラットなプラットフォームのさまざまなデバイスで再生できるようになったころです。

最近では、プラグイン無しでウェブブラウザ間のボイスチャット、ビデオチャット、ファイル共有ができる「WebRTC (Web Real-Time Communication) 」など、それこそビデオ会議システムでまさに自分が開発してきた技術までもがHTML5に標準化されるようになっています。私は過去の基礎技術がそのまま使えることに非常に驚くと同時にHTML5への関心がさらに高まりました。

当社は、モバイルキャリアとしてAndroidとiOSの双方を扱っています。さまざまなプラットフォームで動くHTML5は、モバイルアプリケーションとして、さまざまな活用が可能です。とくにさまざまなプラットフォームで動き、GPSとの連動やレスポンシブWebでさまざまなスクリーンサイズに適合させるなど、デバイスの種類やOSを問わず同時にサービスを展開できる共通基盤として、HTML5は研究所としても早くから着目してきた分野でした。

HTML5が正式勧告されたのは2014年10月頃でしたが、それ以前から使われはじめていました。モバイルアプリケーションの世界は、ものすごいスピードで変化しています。むしろ勧告を待つようなスピード感ではなくなっているのが現状です。また、正式に勧告された後も、どんどん新しいHTML5のAPIが出てきています。アプリケーション技術や開発においては、いかに他に先んじて、それらの新しい情報を取り入れていくかがたいへん重要となっています。

02|教育実証研究でも活用されるHTML5

福岡市立賀茂小学校では、5年生に100台のタブレット端末(iPad)を配備し、算数や英語のアプリを活用した授業を行い、さまざまな検証を行っています。KDDIと福岡市教育委員会は、2014年9月から教育の情報化推進を目的として、ICTを活用した教育実証研究を行っており、同校はそのモデル校となっています。そこで使う英語教育用のアプリケーション開発を私が担当しました。

このアプリは、iOS対応のApp Storeで提供されている学習アプリ「英語カルタ」を当社で移植して実証実験で使用したもので、英語の音声を聴き、表示されている画像の中から答えを選びながら英単語を学んでいきます。

このアプリは完全にHTML5だけで作られており、iOSだけでなくAndroidでも動作します。また、さまざまな画面サイズや縦横比に対応するため、レスポンシブWebのテクニックやCSS3を使っています。アプリケーションをHTML5ベースで作ることにより、マルチプラットフォームに展開でき、拡張機能を追加しやすいようにするなど、柔軟性のあるものに仕上げました。また、教育現場向けSNS「Edmodo」のアカウントと連動し、先生と生徒を区別してログインすることができます。

「英語カルタ」ATR Creative Inc.

https://itunes.apple.com/jp/app/ying-yukaruta/id641022865?mt=8

こういったモバイルデバイスでの新しいユースケースを増やしていき、将来、そのデバイスの延長上でつながっていく技術を開発していきたいと思ってます。

このページの先頭へ