• このエントリーをはてなブックマークに追加

合格者の声

HTML5を積極的に活用することで、スキル向上とともに新たな領域に挑戦したい

株式会社クリエイティヴ・リンク システム部 デザイナー
小林 京子 さん (HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 認定者)

01|Webデザイナーとして8年、AFP通信のニュースサイトを担当して5年のキャリア

クリエイティヴ・リンクでは、AFPBB Newsなど、世界三大通信社のひとつであるAFP通信のニュースサイトを運営している会社です。具体的には、フランスのAFP通信の元のデータを日本語に翻訳して、毎日約300枚の写真とともに配信しています。

現在、私はデザイナーとしてシステム部に所属し、毎日の記事の更新を始めとして、リニューアルや新しいカテゴリの追加、またそれらの使い勝手を良くするために改善などのデザインやコーディングを担当しています。

デザイナーの仕事としては、編集部が記事をアップするためのテンプレートを作成することですが、その他にもオリンピックやワールドカップなど時節ごとの特集記事については個々に対応します。また、素材はAFPのものを使っていますが、サイトとしてはニュースの他にもファッション系など4つのカテゴリに分かれているので、それらのメンテナンスもデザイナーの仕事です。

02|ポートフォリオ以外に自分のスキルをアピールできる資格が欲しかった

HTML5プロフェッショナル認定レベル1は、2014年9月に受験し、取得しました。資格の話は、試験がリリースされる前から個人的に情報を収集していたRSSや「HTML5プロジェクト」のGmailグループからメーリングリスト情報を得ていました。

そんなおり、ちょうど同じシステム部の方がデータベース関連の資格を取得されたんですね。また、Webデザイナー向けの雑誌にHTML5プロフェッショナル認定試験の案内広告が載っていて、それに触発されて「私も取ってみようか」と思い立ったのが受験のきっかけです。

HTML5は、モバイル機器やIoTの推進とともに、すでにエンジニアやプログラマだけでなく、営業の方々も知っているキーワードとなっています。また、それまでWebデザイナーのスキルを測るための要素のほとんどはポートフォリオで、資格取得はとくに重視されていませんでしたが、HTML5プロフェッショナル認定は、Webデザイナーにとって、ポートフォリオ以外で自分のスキルをアピールできる資格だと感じたことも取得したいと思う背景にはありましたね。

このページの先頭へ