• このエントリーをはてなブックマークに追加

合格者の声

結婚を機に心機一転! 飛び込んだWEBデザイナーの世界。HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1を取得して、さらにスキルアップ!

パスクリエイト株式会社 オウンドメディア事業部 WEBデザイナー
吉田 菜美子 さん (HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 認定者)

01|WEB広告運用チームのWEBクリエイターとして制作を担当

パスクリエイトは、オウンドメディアの構築・運用を中心にWEBマーケティングサービスを提供する会社です。また、WEBを中心としたマーケティングコンサルティングも行っており、オウンドメディアの運用で培った広告運用・サイト構築・WEB分析といったWEBマーケティングの総合的なノウハウを活かして、お客様と同じ目線に立ってビジネスモデルを分析し、最適なプランを提案しています。

オウンドメディア事業の具体的な内容は、婚活サービスの比較メディアや税理士紹介メディアの運営です。税理士紹介メディアについては、紹介業務からWEB広告までを当社が一括して行っており、WEBマーケティングと税理士紹介の知見を併せ持ったスタッフが中心となって全国的に紹介事業を展開しています。また、最近では新たに通販事業も発足させ、商品企画から商品発注・マーケティング・販売まで一貫して自社で行うビジネスモデルの展開も始めました。その中で私は、WEB広告運用チームのWEBクリエイターとして制作を担当しています。

02|カフェの店長からWEBデザイナーへ転身

私が当社へ入社したのは3年前で、それ以前は飲食業界でカフェの店長として働いていました。転職のきっかけとなったのは結婚でした。

結婚そのものは当社に入社してからでしたが、前職で働いていたときに現在の夫との結婚を決めた際、開店にあわせた就業時間が不規則な仕事から、結婚を機にもう少し定時で働ける職場を探したいと思い、いったん仕事を辞めました。

実は私は大学で日本画を専攻していました。日本画を学ぶのはとても楽しいのですが、就職に有利とはいいがたく、その技術を活かした職業に就くことは至難の業です。しかし、クリエイティブな世界には以前からとても興味を持っていました。

そこで注目したのがWEBデザイナーという職業です。もともとテザインの基礎的な知識は、日本画学科でも学びます。しかし、デザインの知識はあってもWEBの知識がありません。そこで前の会社を退社してから、まず転職先をさがすまで約10ヶ月のブランクを作り、その間に職業訓練校に通うことにしました。

職業訓練校では、HTMLやCSS、PhotoShop、IllustratorなどのWEBデザインの基本的な知識を半年で学びました。職業訓練校には様々なコースがありますが、その中でも就学期間が長めのコースです。だた、国が民間に委託している学校なので、全員が職業訓練を完了できるようにカリキュラムが時間的にゆっくりとした設定になっています。そのため、基礎的な知識は習得できましたが、そこでの授業で得た知識だけでは実務レベルにまでは至りません。職業訓練校の終了間際から転職先を探し始めましたが、当然、それは難航しました。

採用条件に本人のポートフォリオが重視されるWEBデザイナーの場合、私のような未経験者と希望が折り合う会社はあまり多くありません。そんな中でパスクリエイトに入社できたのは幸運でした。理由として、かなり私のポテンシャルを高く評価してくれたことと、他の制作会社と違ってお客様の会社に出向くことが多い仕事がら、私の前職である店長としてのコミュニケーション力を評価されたことも大きかったと思います。

03|スキルアップは技術者の宿命

私が所属する編成開発部は社員5名で構成され、外部のパートナーとともに、WEBサイトのコンサルティングや分析、フロントエンドのデザイン、バックエンドのPHPのプログラミング、さらにお客様の依頼によってはサーバの保守についてのアドバイスに至るまで、幅広い分野でWEB制作と運用の仕事に従事しています。

現在の私の仕事は、自社が運営するメディアの既存のコンテンツを変えたり、新たなコンテンツの企画・追加、フォームの改善など、デザインとフロントのHTML、CSS、JavaScriptなどのコーディングが中心です。また、必要に応じてライティングもこなしますし、小さな規模のサイトなら構築の上流から下流まで自分でディレクションします。最近新たに始まった通販事業では、制作チーム全員でペルソナ像を作るところから始めました。

そのため、日常から様々な課題の解決が求められますので、技術的なスキルアップはつねに必要となります。これは技術者の宿命ですね。

このページの先頭へ