• このエントリーをはてなブックマークに追加

合格者の声

HTML5を活用すればアイディアしだいでさらに一歩進んだビジネスが実現できる!

エクセルコンピュータサービス株式会社 ITシステム事業部 東京ITソリューション部
加藤 孝幸 さん (HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 認定者)

01|HTML5の活用によって、ますます面白い技術やサービスが生まれることへの大きな期待

エクセルコンピュータサービス株式会社は、システムインテグレーターとしてお客様の企業の情報システムの企画、設計、アプリケーション開発、構築、導入、保守・運用など一貫したサービスを提供しています。

東京(本社)と大阪(支社)に拠点を持ち、それぞれの拠点は、システムの開発やサーバの導入等の実行部隊である「ソリューション部門」と、サーバの保守やサービスの運用を担う「サービス部門」とで構成されています。私が現在所属している「東京ITソリューション部」は、東京本社のソリューション部門として、関東以北が担当地域となります。

私は、もともとWindows向けのアプリケーション開発を行っていましたが、現在はWebシステムの開発担当として、ICT全般のマネージメントサービスを提供しているお客様企業に出向しています。具体的には、Webを用いたデータベース開発やユーザー向けのWebサイトの構築などにおいて、JavaScript開発の動作に関するアドバイスが主な仕事です。

Webの世界は、すごいスピードで進化しています。たとえば、JavaScriptだけで過去のOSを再現することもすでに可能になっています。これはブラウザ上で簡単なアプリケーションではなく、システム自体を模倣するというもので、Webを経由した仮想マシンの管理などは、すでにAmazonで運用されています。

また、マイクロソフトもかつてはプロプライエタリ・ソフトの有償提供が主流でしたが、最近はAndroidやAppleに対してもアイコンの使用を許可するなど、昔に比べてかなりオープンになってきました。また、Windows 10は、機能改善や新機能をWindows Update経由で無償提供するスタイルに切り替わっています。

これは、スマートフォンなどモバイル端末の普及にともない急速に変化するエコシステムへの適応に迫られていることが大きな理由ですが、その他にも新技術やセキュリティ脅威に対応するため、マイクロソフトがサービスとしてのWindowsへと舵切りを行った結果でもあります。

HTML5は、デバイスやOSの種類を超えてコンテンツを展開できるのが大きな特徴です。スマートフォン向けのサイトが重要視されてきている中で、各ブラウザの対応も進み、その活用が着実に増えてきています。HTML5では、各ブラウザによってCSSの動作が多少異なることはありますが大きな違いは生じません。それは、管理上の運用効率の上でも、できる限りコンテンツを一本化したいというサイトの提供側の考えにもマッチします。

HTML5の活用によって、これまで以上に新しいことができるようになれば、発想次第でさらに一歩進んだビジネスのアイディアが実現されます。これからますます面白い技術やサービスが生まれるのではないかと考えると、Webシステムの開発に関わる身としてとても楽しみです。

このページの先頭へ