• このエントリーをはてなブックマークに追加

資格概要

システム間連携や最新のマルチメディア技術に対応した
Webアプリケーションや動的Webコンテンツの開発・設計ができる。

認定正式名(和名):HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル2
(Application Development Professional)
認定正式名(英名):HTML5 Professional Certification Level.2
(Application Development Professional)
認定名の略称(和名):HTML5 レベル2
認定名の略称(英名):HTML5 Level.2

この資格の認定者は、下記のスキルと知識識を持つ
Webプロフェッショナルであることを証明できます。

  • 動的に動作させて高いユーザビリティを実現するリッチユーザインターフェイスアプリケーションを作成することができる。
  • マルチデバイスに対応し高パフォーマンスで動作する動的コンテンツを作成することができる。
  • システム間連携を行いリアルタイムな情報を提供するアプリケーションを開発することができる。
  • スマートフォンなどでネイティブアプリに近い機能を組み込んだ先端のWebアプリケーションを開発することができる。
    (具体的には、ServiceWorkersやWeb Bluetoothといった最新のAPIを使って、これまでのWebから一歩進んだ機能を組み込んだり、ハイブリッドアプリケーション開発などができるスキル)
  • APIのセキュリティモデルを理解したうえで開発することができる。
    (具体的には、同一オリジン制約、Mixed Content、SecureContentsを理解しているか)

対象職種

プロフェッショナルな資格ですが、
デザイン・Web・開発に関わる幅広い職種を対象としています。

  • Webデザイナー
  • グラフィック
    デザイナー

  • フロントエンド
    プログラマー

  • HTMLコーダー
  • Webディレクター
  • Webシステム
    開発者

  • スマートフォン
    アプリ開発者

  • サーバサイド
    エンジニア

試験概要

試験名
試験正式名(和名):HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2
試験正式名(英名):HTML5 Professional Certification Level.2 Exam
試験名の略称(和名):HTML5 レベル2試験
試験名の略称(英名):HTML5 Level.2 Exam
所要時間
90分(機密保持契約とアンケートの時間を含む)
試験問題数
40~45問
受験料
¥15,000(税別)
試験実施方式
試験方式はコンピュータベーストテスト(CBT)です。
マウスによる選択方式がほとんどですが、キーボード入力問題も多少出題されます。
CBTの詳細は、試験配信会社(テストセンター)「ピアソンVUE」までお問い合わせください。実技や面接はありません。
また、「受験のお申込み」もご確認ください。
団体受験用にペーパーテスト(PBT)も実施します。(20試験以上)
ペーパーテストに関する詳細は、LPI-Japan事務局(info@lpi.or.jp)までお問い合わせください。
日時・会場
日時・会場を全国各地から自由に選択して受験できます。
合否結果
合否結果は試験終了と同時に判ります。
※ ペーパーテスト(PBT)の場合には、数週間後に郵送などの方法で結果をお知らせします。
出題範囲
http://html5exam.jp/outline/objectives_lv2_v2.html
認定条件
HTML5 レベル2試験に合格し、かつ有意なHTML5レベル1認定を保有していること。
認定の有意性の期限
5年間
「有意性の期限」についてはこちらをご確認ください。

資格体系

Level.2では、Level.1よりも高いレベルのマークアップと、
新たにJavascriptのスキル習得が加わります。
オフラインでの仕様、マルチメディアコンテンツ対応についても高い技術が求められます。

HTML/HTML5マークアップ
HTML5に関するタグの用途、構造の組み立て方に関する技術
グラフィックス
JavascriptやCSSなどを用いて、動的にグラフィックスを生成したりアニメーションを実現したりする技術
レスポンシブWebデザイン
一つのソースで、スマートフォンなどの様々なデバイスの画面サイズに対応させるための技術
通信・デバイスアクセス系API
JavaScriptからクラウドと通信をして情報の送受信を行ったり、センサーなどのデバイスにアクセスしたりする技術
Javascriptプログラミング
Javascriptを使って、動的なWebコンテンツを作成する技術
マルチメディア
3D・動画・音声ファイルなどのマルチメディアコンテンツの表示・再生に関する技術
ユーザビリティ
JavascriptやCSSなどを用いて、デザイン仕様に沿った見やすい表示や操作しやすいコンテンツを作成するための技術
パフォーマンス
ストレージや並列処理を使ってコンテンツを効率よく高速に動作させたり、オフラインでも動作する仕組みを作るための技術

ITSSにおける位置づけ

HTML5レベル2は、ITSSのスキル熟達度と資格を対応づけている「ITSSキャリアフレームワークと認定試験・資格の関係(ISV Map Ver10r1(20160601)」の 【アプリケーションスペシャリスト】と【ソフトウェアディベロップメント】の二分野において【レベル3】として位置付けられています。

※ITSS(ITスキル標準)とは?

情報処理推進機構が作成しているITスキル標準(ITSS)は各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化した指標です。多くの企業において人材育成の指標として活用されています。

認定を取得したら

「HTML5 レベル1試験」と「HTML5 レベル2試験」に合格すると
「HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル2」に認定されます。

認定証・認定カード

認定証・認定カードは、認定されてから2週間程度で宅急便にてメンバーズエリアにご登録のご住所にお届けします。

認定者ロゴ

「HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル2」に認定された方のみ名刺等にご利用できます。
下記からダウンロードできます。

文字で使用する場合は以下の表示名を使用してください

「HTML5プロフェッショナル認定資格レベル2」
認定プロフェッショナル

または

「HTML5レベル2」認定プロフェッショナル

ロゴマークの使用例

有意性の期限(再認定ポリシー)

有効期限はありませんが、「有意性の期限(再認定ポリシー)」があります。 有意性を維持するためには「認定日から5年以内」に「HTML5 レベル2試験」の再受験と再合格が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ